理系人間が解釈する般若心経

 TOPページ
最終更新日:2019.01.07

 般若心経に出てくる「空」

 般若心経に関しては、多くの解説書が出版されていて、様々な解説がされているが、その中でもどうしても理解に苦しむの が「空」という概念である。
 「空」は実体のないものだと言われるが、具体的にどう理解すればいいのだろうか?

 本サイトでは、「人間」「コンピュータ」における「色」「空」を 比較対照することによって、「人間」における「空」とは何かを推測していく。

 ■「空」をどう考えるか?

 ■コンピュータにおける「空」 (コン ピュータで”実体のないもの”とは?)

 ■「色即是空 空即是色・・・」の意味するもの (コンピュータと人間の「色」と「空」)
  ├「色」についてのコンピュータと人間の比較
  └「空」についてのコンピュータと人間の比較
   ├プログラムの見直しとは (野球の走塁の 例)
   ├プログラムがない時代は・・・ (ハードウ エアとソフトウエアの分離)
   └インターフェース (現世の人間の「空」と「色」の 接点)

 ■オープンソース (霊界と現世における魂のプログラ ムの状態)
 ├輪廻転生 (人間が生まれてから死ぬまで、死んでまた生まれるまで/メインプログラムとは何か?)
 │├なぜ正義の行動は報われないのか?
 │なぜ「憎まれっ子世にはばかる」のか?
 │├未来は変えられる?
 │アカシックレコード
 └創造者と自律 向上プログラムとは別

 ■守護霊の立場から見る と・・・ (立場、見方を変えるとわかってくるもの/大我とは?)

 ■知識と智慧 (智慧があれば想像力を働かせることができる)
 ├智慧の重要性 (勉強は何のためにする のか?)
 └読み書きそろばん

 ■動機、目的が大事 (結果は重要ではない)
 ├苦労はフローチャートの見直しに必要 
 ├価値観 (自殺はなぜいけないのか?)
 │相対的とは?
 │
 ├感情をどうコントロールすべ きか? (ポジティブな感情、ネガティブな感情)
 │
逆境で感情をどうコントロールすべきか?
 │似ているが違うこと
 │├ポジティブな○○、ネガティブな○○
 │競争することはいいのか悪いのか?
 │└怒らないようにするには 
 │ 怒りの対象になるもの、ならないもの
 │ 怒りは本能から発生するもの
 │ 怒りを感じる元となる他者の行動は何か?(狭い短いの人、広い長いの人)
 │ 「狭い短いの人」の例
 │ └「狭い短いの人」と「広い長いの人」との対比
 │
 ├執着 (執着はなぜいけないのか?)

 ├感謝の気持ちを持つには?(現在の環境が失われたら どうなるか想像してみる)
 │└足るを知 る (必要以上の物欲はなぜいけないのか?)
 │ └「足るを知る」事で「陰徳を積む」実践編 (有限なものの共有)
 │
 └人の育成

 ■類は友を呼ぶ  (いくつかの現象を説明するのに重要な法則)

 └まねをする

 ■肉体を失った魂がどういう状態で存在するか?

 ├「気」と は?
 │├AMラジオの例で考えてみる
 │
気功とは?
 │ └トイレ掃除はなぜいいのか?
 │  水はプログラムの記憶媒体
 │   
塩の機能 
 │
 ├プログラムの階層構造
 
 ├パワースポット (霊界と現世との出入口/霊界の階層構造)
 ├魂のプログラムの構成
 │未浄化霊と浄化霊
 │
 ├人間内部のプログラムの構造
 
潜在意識
 
健康を司るプロ グラム
    └病気になる理由
     └自然治癒力

 ■武士道
 └武士道2
  └挨拶はなぜ必要か? 

 ■コンピュータのプログラムの 輪廻転生 



 ■般若心経全文の解釈
  

  └お経の果たす機能


 「理系人間 が解釈する般若心経ブログ」へ
  ↑本サイトに対するコメントはこちらにお願いします。(コメントは管理人承認後、公開します。)

  ※それまでの考えの誤りに気付いた場合など、変更箇所を示すことなく修正・追加・削除することがあります。


Copyright (C) 2009-2018 Hanyashingyoh analyzed by scientific citizen.
All rights reserved.